電話回線プチ知識 TOP > プチ知識 > ひかり電話のメリットとデメリット

ひかり電話のメリットとデメリット

ひかり電話は、光ファイバーを使用して、音声やデータを送受信することで、通話が可能になります。
これは、通話の音質が良く、安定していることが特徴となっています。

また、基本料金と通話料が他の電話回線に比べて安いという特徴があります。
基本料金に関しては、従来のアナログ回線の半額以下となることもあるため、経費を大幅に削減することも可能です。
それから、固定電話、携帯電話への通話料も安めに設定されているため、通話が多いオフィスであれば、通話料の大幅削減が実現できるでしょう。

なお、ひかり電話に変更する場合であっても、従来の固定電話で使用していた番号を引き続き利用することができます。

このように、ひかり電話には、様々なメリットがありますが、その反面、デメリットも存在します。
まずは、停電した場合、通話が不可能となることがありますし、停電後に電気が復旧した際には設定をし直さなければならないかもしれません。

アダプタが故障することが多く、その度に通話が不可能となるため、電話を使用する機会が多い企業は、従来のアナログ電話回線と併用することをおすすめします。

その他、フリーダイヤルに発信できないこともあるなど、不都合を生じることもありますので、ひかり電話を設置する際にはメリットとデメリットについて十分に検討することが必要です。
 

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) 電話回線プチ知識 All Rights Reserved.