電話回線プチ知識 TOP > プチ知識 > アナログ回線のメリットとデメリット

アナログ回線のメリットとデメリット

インターネットの普及が進むにつれて、これまでは1種類しかなかった電話回線も様々なタイプのものに増えていきました。
そのため、オフィスに電話を設置する場合、電話回線選びから始めなければなりません。

従来はアナログ回線が主流となっていましたが、他の電話回線に比べてアナログ回線を使用し続けることのメリットはあるのでしょうか。
今の時代、ビジネスホンにアナログ回線を使用するとなると、古臭い、時代遅れといった印象を持たれがちですが、ビジネスホンにアナログ回線を使用するメリットがいくつかあるのです。

数ある電話回線の中でも、アナログ回線は安定しているため、どのような場所にも設置可能で、通話音声の質が高く、障害などを起こすことも少なくなっています。

また、一般のデジタル回線であれば、モデムに不具合があると、電話も利用できなくなってしまいますが、アナログ回線は他の機器に左右されることはありません。
さらに、アナログ回線は災害時であっても回線そのものに打撃を受けることは少なく、万が一の際にもっとも通じやすい回線です。

ただし、アナログ回線の場合、回線の数が多くなると、費用が割高になるというデメリットがあります。

このように、アナログ回線のメリットとデメリットについて十分に検討したうえで、最適の電話回線を選ぶようにしてください。
 

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) 電話回線プチ知識 All Rights Reserved.