電話回線プチ知識 TOP > プチ知識 > デジタル回線のメリットとデメリット

デジタル回線のメリットとデメリット

オフィスで電話を新設する場合、電話回線を選ばなければなりません。
電話回線には、アナログ回線、デジタル回線、ひかり電話、IP電話など、様々な選択肢があります。
ここでは、デジタル回線(ISDN)のメリットとデメリットについて紹介します。

デジタル回線は従来のアナログ回線と比較して、データ通信が速いという特徴があります。
また、ノイズが少なく、通話の音声が良いというメリットもあります。
さらに、デジタル回線は、音声をデジタル化したうえで送受信するため、盗聴されにくくなっています。

その他、デジタル回線は、1つの電話回線で2回線分の通話が可能となっています。
オフィスで1回線しか設置していない場合、オフィス内で誰かが電話機を使用していると、他の社員は電話を掛けられませんでした。
しかし、デジタル回線の場合、電話を使用していても、外部からかかってきた電話を受けることが可能です。

ただ、デジタル回線を使用するためには、ターミナルアダプタを購入し、設定することが必要です。
デジタル回線を通じて送られてきた音声はデジタル化されているので、アダプタで元に戻さなければ通話が不能となるからです。

このようにデジタル回線にもメリットとデメリットがありますので、その点を十分考慮したうえで回線を選ぶようにしてください。
 

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) 電話回線プチ知識 All Rights Reserved.