電話回線プチ知識 TOP > プチ知識 > IP電話のメリットとデメリット

IP電話のメリットとデメリット

オフィスでビジネスホンを設置する場合、IP電話用の電話回線を選ぶという方法があります。
IP電話とは、インターネット回線を介して通話が可能となる電話で、メールと同様、音声によるパケット通信を行います。
相手先の地域など関係なく、通話料金は一定であるため、電話代を安く抑えることができます。
そのため、企業などではIP電話を導入するケースが多くなっています。

IP電話には、通話料が安いというメリットがありますが、さらに、同じプロバイダーを利用している企業同士であれば、通話料が無料となりますので、経費をかなり安く抑えられます。

ただし、IP電話には音質があまり良くないというデメリットも存在します。
やはり、一般の固定電話のように電話回線を使用せず、インターネット回線を介して通話するため、通話の音質がどうしても悪くなるようです。
また、IP電話では、FAXの送信ができませんので、FAXを利用するオフィスでは、他の電話回線を選んだほうが良いでしょう。
さらに、IP電話の場合、110番や119番への通報、フリーダイヤルへの通話もできません。

その他、建物によっても導入できないケースがありますので、まずはオフィスでIP電話設置の条件がそろっているかどうか検討しなければなりません。

このようにIP電話にはメリットとデメリットがありますが、オフィスが入っているビルがIP電話に対応しており、フリーダイヤルへの通話を必要としない場合は、導入を検討しても良いでしょう。
 

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) 電話回線プチ知識 All Rights Reserved.