電話回線プチ知識 TOP > プチ知識 > 一般の電話回線とオフィス専用の電話回線

一般の電話回線とオフィス専用の電話回線

一般家庭用の電話は1つの電話回線で電話番号と電話機が1台ずつ割り当てられます。
一方、ビジネスホンの場合、複数の電話回線、電話機を設置することになります。
オフィスで使用する電話は、電話機の数だけ電話回線を敷く必要はありません。
また、ビジネスホンであれば、内線電話が使用できるため、社員同士の通話料金を安く抑えることができます。
そのため、オフィスの規模に合わせて、家庭用の電話回線で十分であるのか、オフィス用の複数の回線が必要であるのか、じっくり検討することが必要です。

また、オフィスで必要な回線数を検討する際には、日常の業務で何名の社員が同時に通話しているのかを確認することが大切です。
現在は、メールでのやり取りが多くなっているため、一般のオフィスであれば、社員数の3分の1の回線があれば十分です。

もし、社員数50名のオフィスで、同時通話しているのが最大で8名である場合、8通話または8チャンネル分用意すれば十分です。

なお、アナログ回線を使用する場合、1通話につき1回線が必要となります。
もし、ISDNデジタル回線を使用するのであれば、1回線で2チャンネル、光電話であれば、1光ファイバーで、数チャンネル利用可能となります。

このように、使用する電話回線のタイプによっても、必要な回線数を考慮する必要があります。
 

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) 電話回線プチ知識 All Rights Reserved.